スポンサードリンク


丸の内オアゾ 新丸の内センタープラザ

旬彩庵 (日本料理)
本店や経営母体の情報がなかなか見つかりませんが、どうも「北の家族」系列のようででかなり広範囲に展開している居酒屋チェーンではないでしょうか、。
業態は、一応和食ダイニングとなっています。
お店の説明文では、「【素材】を生かした逸品 + 選び抜かれた旬の素材と一流の調理の技が出会いおもてなしの料理が生まれました。質の違いをぜひ旬彩庵でご堪能下さい。 」となっています。
京の竹林をイメージした店内は、2名から利用できるテーブル個室、落ち着いた会食にはお座敷個室があります。
お店からのおすすめメニューは、「雅コース」、旬の絹かわなすを漬物、焼き、揚げ出しで提供する「絹かわなすメニュー」、「ズワイ蟹と海老とお野菜天ぷら盛り合わせ」、「寿司九種盛り合わせ」があります。
評価が良いのがランチで、東京駅エリアでランチが1000円前後でありながら、ご飯と味噌汁が食べ放題で小鉢バイキングが付いているのは、味は別としてかなりコストパフォーマンスが高いと思います。
紅虎餃子房 (中国家常菜)
紛らわしいのですが、際コーポレーションも同じような名称の店を経営しているようです。
東京駅近くの丸の内センタープラザの紅虎餃子房は、昭和25年設立の丸の内センタービルの中にある株式会社 アルプスのブランド店です。
この会社では、餃子屋さんを3店、ピザ屋さんを2店、ピザ屋、焼肉屋、パン屋さんなどを展開しています。
紅虎餃子房は、本場の中国人厨師の作るダイナミックな中国家庭料理だそうです。
中国の家庭で食べられている家常菜が主体で、十何種類もの具材を詰めて焼き上げる鉄鍋餃子を始め、手作りの点心類を提供しています。
丸の内店はニューヨークにありそうなチャイニーズをイメージしたポップな内装です。
名物の「鉄鍋餃子」、「棒餃子」以外には、「酢豚」、「おこげ料理」などが店からのおすすめです。
店内は、中国の下町、胡同の路地裏をイメージしているそうです。
ちなみにTBS系列で放送の「お願い!ランキング」で放送された 美食のプロが全部食べてランキング! 紅虎餃子房編の1位はトマトチーズ餃子、2位はインド餃子そして3位は担担辛味餃子です。
庄屋 (鮮魚居酒屋)
設立が昭和20年の千代田区有楽町にある株式会社ニユートーキヨーのブランド店です。
庄屋は和風居酒屋で主に首都圏エリアを中心として北海道や西日本エリアに多数展開しています。
料理は産地直送の鮮魚が中心で、ドリンクは生ビールを始め、焼酎、地酒各種取り揃えております。
丸の内で、どの定食でも1000円ぐらいで食べることができます。
ただ、喫煙可能となっており、嫌煙家にはやや苦しいお店かもしれません。
信州そば処 そじ坊 (そば酒房)
昭和42年設立の大阪市にある株式会社グルメ杵屋のブランド店です。
大変大きな会社で、パートを含めた従業員は、4200名もいます。
昭和46年ごろから、実演手打ちうどん「杵屋」を多数展開してきました。
そじ坊は、信州の民家を思わせる店の設えで、生わさびをお客が自身でおろしながら、自家製麺のそばの味をしっかり味わえるそば専門店です。
酒房タイプの店舗では信州の地酒や郷土料理を提供しています。
丸の内のお店からのおすすめは、蕎麦はもちろんですが、「手造り出し巻」、「炙り鴨のたたき」があります。
私自身の経験から言うと、丸の内の店ではありませんが、注文から出てくるまで大変長い間待たされたことがあり、それも私だけでなく店内の客全員がそのような目にあったことがあり、それ以来そじ坊には行ったことがありません。
たまたまのことだったかもしれませんが、お店からの謝罪の言葉もなかったことからトラウマになっています。
今ではこのようなことはないと思いますが。
鳥どり (串焼きと鶏料理)
昭和33年創業の新宿にある株式会社ダイナックのお店です。
全国に約250店舗以上のレストラン、バー、パブ、ゴルフ場レストランを開発・運営しています。
ダイナックは、100%サントリーの子会社となっています。ビール類は当然サントリーの製品です。
東京駅近辺の同社のお店は、ほろ酔い通りのビヤホール「オールドステーション」、姉妹店のホテルメトロポリタンと新丸の内センタービルの「トラットリア パパミラノ」があります。
特に、丸の内界隈にはダイナックのお店がたくさんあります。
鳥どりは、串焼きと鶏料理のお店です。
大地の自然と生産者が育んだ茨城県「つくば鶏」、佐賀県「みつせ鶏・麓鶏」、素材の旨みを引き立てる「沖縄天然塩」、「天然うばめ樫」、千葉県「聖泉」、「紅あずま」などの食材を生産者とのコミュニケーションを通じて厳選して調理し、提供しています。
丸の内のお店からのおすすめメニューには、「骨付きもも肉のスペアリブ」、「直火焼きのBBQ串盛り合わせ」などがあります。
コストパフォーマンスもあり、なかなか評判は良いようです。
スポンサードリンク

このページの先頭へ