スポンサードリンク


東京駅一番街 おみやげプラザ 1階

ARINCO TOKYO STATION (ロールケーキ)
文京区小石川にある株式会社パティスリー ド パラディの店です。
「ありさんもよろこぶロールケーキ」がキャッチフレーズのロールケーキ専門店です。
看板商品のバニラロールは、卵黄を使わず、卵白のみを使用したモチモチしっとりの真っ白い生地です。
まさに自然な甘み、本物の美味しさを嗅ぎ分けるありさん好みのARINCOの定番ロールケーキです。
京ロールは、あっさりとした甘みと驚きのしっとり感を実現した京都ゆかりの4つの超厳選素材である米粉、ふるさと卵、水飴そして黒豆にこだわった極上ロールケーキです。
写真とリンクは、横浜のみなとみらいのお店ですが、何かの参考としてください。
舟和 (芋ようかん)
お土産としての芋ようかんであまりにも有名な舟和の東京駅店です。
明治35年(1902年)に現本店所在地台東区浅草1丁目に羊かん司「舟和」として、芋ようかん、あんこ玉、栗むしようかん、煉ようかんを販売する店として開店致しました。
浅草寿町で、芋問屋を営んでいた創業者小林和助が、同じく浅草の和菓子職人と共に、当時は高価で庶民の口に入らなかった煉ようかんの代わりに、身近なさつま芋を使い、芋の研究から始まって、蒸し方や、砂糖の量など研鑽し、完成したのが芋ようかんです。

舟和の芋ようかん等
上野亀井堂 (瓦煎餅)
明治6年に神戸元町で創業したもので、明治23年に東京に出店してきたのが上野亀井堂です。
ですから神戸元町の亀井堂総本店の系列と言えるでしょう。
上野亀井堂の本店は、上野広小路にあります。
看板商品の瓦煎餅は、江戸時代元禄年間に鉄の型に生種を入れて焼く製法が生まれ、更に明治初期神戸にて洋菓子の製法を取り入れ、今日の瓦煎餅が完成しました。
明治6年神戸元町に開業した瓦煎餅職人の松井佐助氏は、明治23年上野公園で開催された第三回内国勧業博覧会出展を縁に上野広小路(現在地)亀井堂東京店を開設したものです。
もう一つの人気商品である文楽人形焼きは、戦後復興期に、文楽人形使いの方からアドバイスと許可を得て、当店で開発されたものです。
参考として、写真とリンクは神戸の総本店のものを掲載しております。
文明堂 東京 (カステラ)
明治33年に長崎で創業され、現在は、本社が新宿にある株式会社文明堂東京のおみせです。
大正時代に進出してきたものです。
大正14年には宮内省御用達となりました。
当然、カステラが看板商品ですが、その他にも三笠山、和菓子などの食通に人気商品もあります。
面白いのは、写真にもありますが、特別仕立てのカステラがあり、にかわいいイラストと赤ちゃんの名前をお入れした特別なカステラがあり、出産内祝いなどに最適でしょう。
その他にも婚礼や誕生日、長寿などの御祝用にも特別なカステラがあります。
もちろん、東京駅のお土産としても定番商品です。

文明堂東京のカステラ・和菓子
両口屋是清 (名古屋銘菓)
両口屋是清は、名古屋の超有名なお菓子処です。寛永11年(1634年)に尾張藩御用菓子製造のため開業したのが始まりとされています。定番商品には、「あも」「千なり」「二人静」「をちこち」そして「よも山」などがあり、銘菓詰め合わせがバラエティに富んでお土産にもお勧めです。

両口屋是清の和菓子
常盤堂雷おこし本舗 (雷おこし)
昭和25年創業の浅草にある株式会社常盤堂雷おこし本舗の東京駅店です。
浅草の雷門横にある有名すぎるお店ですね。
東京を代表するお土産用の銘菓と言われるほど「雷おこし」は広く知られるようになりました。
おこしの歴史は非常に古く、その起源については、唐(中国)から渡ってきたものであるとか、保存食・携帯食として使われていた「ほしい」が訛ったとか、いろいろな説があります。
いずれにしてもかなり古い時代から私たちのお菓子として親しまれてきました。
そうしたことから今でも各地でおこしが作られておりますが江戸っ子育ちの「雷おこし」は江戸時代後半から、浅草で売り始められました。

常盤堂雷おこし本舗の雷おこしと和菓子
東京ラスク (ラスク)
昭和59年創業の株式会社グランバー 東京ラスクのお店です。本社の所在地が不明なのですが、あまり重要なことではないでしょう。
以前は、スイス亭という社名だったようです。
ラスクのおいしさの秘密は“サクサクっ”とした軽やかな食感だそうです。
サクサク感を実現するために、厳選した材料をぜいたくに使うことにこだわって、数種類の小麦粉を独自にブレンドして作ったラスク専用パンを使用しています。
また、バターは、北海道の最高級品バターを使用しています。
バターは約60度前後の温度でじっくり静かに温めると、上質な乳脂肪が上に溜まります。
東京ラスクは、バターの風味をより一層楽しんでいただけるよう、上質な上澄みだけを贅沢に使って焼き上げているそうです。
こだわりの方々にもご満足いただけると思います。

東京ラスク
東京風月堂 (ゴーフル)
明治5年創業の日本橋の株式会社東京風月堂のお店です。
主な売店が、有名百貨店、駅ビル、他名店街に1,461店もあります。
明治30年には、宮内庁御用達となりました。
あの懐かしいリキュールボンボンも明治7年に風月堂がはじめていました。
名称は、甘露糖だったそうです。
看板商品は、昔からあるゴーフルです。
大正時代からの伝統銘菓で、サクサクに焼き上げてソフトなクリームをサンドしています。
ゴーフレットは、ゴーフルをミニサイズにしたものです。

東京風月堂のゴーフルなどの洋菓子
銀座菊廼舎 (江戸和菓子)
銀座菊廼舎は季節のお菓子から冨貴寄・オリジナルの和菓子など、こだわりをもって作られた和菓子を販売する江戸和菓子店です。
菊廼舎は、「きくのや」と読みます。
創業は明治23年で、初代が現在の歌舞伎座のそばで開業し、歌舞伎煎餅を売り出し、大評判になりました。
続いて、大正後期、二代目がお茶の席の干菓子をヒントに『冨貴寄』を考案して以来、ロングセラー商品となりました。
ちょっと説明がしにくいのですが、このお菓子は、いろいろな小さなお菓子が入っており、例えば、砂糖をかけた落花生や黒豆などが入っています。

銀座菊廼舎の冨貴寄
新宿中村屋 (カレー・スイーツ)
私も、新宿に行けば、よく立ち寄るカレー屋さんです。
株式会社中村屋は1901年、本郷の東京大学正門前にパン屋として創業しました。
その後本店を新宿に移し、お菓子の製造やレストラン業など事業を拡大してきました。
1904(明治37)年に発売したクリームパンをはじめとして、中華まんじゅう、月餅、純印度式カリー、水羊羹の缶詰等々様々な商品を提供しています。
中でも、私の大好きなのが純印度式カリーのチキンです。
昭和2年の発売で、著名な文化人が新宿とグルメを語る時にこのカレーは良く出てきますね。

新宿中村屋のカリー・スイーツ
清月堂本店 (和菓子)
創業明治40年の銀座にある株式会社清月堂本店の店です。
清月堂と言う屋号の由来は、創業地の近くに日本橋、新橋、京橋と橋が多く、橋からながめた水面に月がきれいに写っていたことからつけられたそうです。
昭和9年には旧宮内省の御用達となりました。
初代水原嘉兵衛氏は水羊羹や葛桜など生菓子を得意とし、二代目清一氏は「江戸好み」など半生菓子を得意としました。
三代目正一朗氏は、きみしぐれ「おとし文」を創作し、現在の看板商品となっています。
現在の社長である四代目康晴氏は、焼菓子「蓬の峰(よものみね)」を創作しています。

清月堂本店の和菓子
浅草むぎとろ (むぎとろ)
浅草、駒形橋のたもとに80余年に渡って暖簾を構える『浅草むぎとろ』のお店です。
創業が昭和4年、浅草雷門に本社がある株式会社浅草むぎとろのお店です。
創業者の中島太蔵氏が、昭和の初めに秋田の民家で、げんこつ芋をすりおろし、それを麦飯にかけただけの山村ならではの素朴な味と巡り合いました。
それが、後に浅草名物となり、ファンが多い麦とろでした。
そして、秋田からそのげんこつ芋を取り寄せ、浅草の駒形橋のたもとに小さな、10~13人程度でいっぱいになる一杯飯屋を出したのが『浅草むぎとろ』の始まりです。
東京會舘 (スイーツ)
大正9年に創業の丸の内に本社がある株式会社東京會舘のショップです。
同社は、宴会場、結婚式場、レストランを経営する会社で、お土産用の洋菓子や料理缶詰の販売も手がけています。
本社でもある丸の内本舘は、皇居近くにあり、フランス料理のレストランと宴会場があります。
東京駅のショップでは、伝統のプティガトーやプティフールはもちろん、こちらでしか手に入らない限定商品も多数取り揃えています。お土産やご贈答には、最適です。
なお、写真とリンクは、丸の内北口徒歩5分にあるレストランの情報ですので参考にしてください。

東京會舘のプティガトー
六本木クローバー (六本木ケーキ)
昭和7年に創業の東京・六本木にある株式会社クローバーのショップです。
ヨックモックの系列会社です。
昭和の初めから六本木の洋菓子店として営業していましたが、2009年にヨックモックの傘下となったものです。
2010年には、フランスのパティスリー ショコラティエ プラリュとライセンス契約をしました。
看板商品は、クッキーもありますが、六本木ケーキでしょう。
文化人の集う街として歩んできた六本木で、クローバーは長年にわたり”ふらんす菓子”を創り続けてきました。
フランス伝統のガトードゥミセックを、より親しまれるよう焼き上げたのが“六本木ケーキ”です。
お土産としても喜ばれています。
ジャン・ミエ (フランス菓子)
創立1957年、横浜市にある洋菓子のフランセ、株式会社フランセのブランドの店です。
1997年にパリ7区にあるパティスリー ジャン・ミエと業務提携をしました。
フランス人のジャン・ミエ氏は、パリ市聖ドミニク通りに店舗を構え、飽食の時代を経た現在のフランス洋菓子界にあって伝統を踏まえたうえでのより軽く、口当たりの良い、いわば新しい流れに沿ったヌーヴェル・パティスリーの先駆者です。
さらにはM・0・F(フランス国家最優秀職人)を取得しました。
伝統のよさにモダンな感覚を取り込んだフランス菓子は、ヌーベル・パティスリーと呼ばれています。
看板商品は、フレッシュバターたっぷりのパイにオリジナルクリームを挟み、チョコレートでコーティングしたミルフィーユ、しっとり焼き上げたフィナンシェの生地の中央にチョコレートクリームを詰めた焼き菓子のティグレなどがあります。
福砂屋 (カステラ)
福砂屋。寛永元年(1624年)三代将軍家光の時代に創業しており、長崎カステラの元祖と言われております。
よくあるなんちゃって元祖ではなく、正真正銘の元祖のようです。もちろん、長崎カステラの大定番です。
商標に使われている変なマークは、蝙蝠(コウモリ)で、中国ではめでたい動物と言われています。
熟練の職人よって作られているカステラは、保存料を一切使わず、厳選された素材の味を生かしたものです。
カステラの底には、角の取れた粗目等があって、独特の食感があります。
また、食べきりサイズのキューブカステラは、簡易フォーク付なので手軽に食べられます。
お土産やプレゼントにも喜ばれますよ。

福砂屋のカステラん
鎌倉小川軒 (レーズンウィッチ)
神奈川県横浜市戸塚にある有限会社 ケイワンのブランド店です。
1988年に現社長の中村氏が代官山の「小川軒」から独立し、「お菓子の家・鎌倉小川軒」として鎌倉と戸塚で開店しました。
看板商品は、言わずと知れた「レーズンウィッチ」です。
いわゆるレーズンサンドです。
北海道の六花亭のマルセイバターサンドなども有名ですね。
鎌倉小川軒のレーズンサンドは、薄切りされたアーモンドが、サブレクッキーの上に載せてあり、そのサブレクッキーの間には、、程よい甘さの生クリームと濃厚なレーズンが入っています。
十分、六花亭のバターサンドにも対抗できる味だと思います。

鎌倉小川軒のレーズンウィッチ
ふるや古賀音庵 (餅のどら焼き)
創業昭和11年(1936年)、渋谷区幡ヶ谷にある株式会社富留屋古賀音庵の出店です。
グルメな看板商品は、古賀音だんご、餅のどら焼き、和三羹などです。
餅のどら焼きは、生地に餅粉を織り交ぜ、もっちりとした食感で食べやすい半月型のどら焼きです。
この商品は、2000年4月。渋谷の東急百貨店東横店の地下食品街「東急foodshow」のグランドオープンで登場しました。
創作和菓子ブランド「創り人英喜」の商品として販売されました。 もっちりした食感の皮の部分は、「どら焼きの生地に餅粉を練りこみ、山芋をつなぎとして使用しています。

ふるや古賀音庵の餅のどら焼き
横浜フランセ (横浜プリン)
ジャン・ミエと同じ創立1957年の横浜市にある洋菓子のフランセ、株式会社フランセのブランド店です。
同店のふれこみは、「選りすぐりの素材、伝統の製法、洗練されたパッケ-ジ。全てに徹底したこだわりで完成させた『横浜発スイーツ』。モンドセレクション連続受賞商品をはじめ、妥協することなく創った味の世界は、召しあがる方の笑顔をお約束します。」だそうです。
横浜フランセと言えば、ハニーシトロンやミルフィーユあたりが定番商品ですが、横浜プリンもお土産として人気があります。

横濱フランセの横濱プリン
パステル (なめらかプリン)
明治35年創業、本社が愛知県北名古屋市にあるチタカ・インターナショナル・フーズ株式会社のブランドの店です。
同社は、パステル、とんかつ知多家をはじめとしたレストラン、ビアガーデン、ケンタッキーフライドチキン、ミスタードーナツなどの外食事業を手広く展開しています。
パステルの看板商品は、何と言ってもなめらかプリンです。
このプリンは、所浩史氏がパスタを食べた後のデザートとして考え付いたものだそうです。
はじめは、レストランのデザートであったため、型から抜いて提供されていましたが、テイクアウトの要望が強いため、現在の形になりました。
このプリンがブレイクしたのは、TBSの「はなまるマーケット」のおめざとして1998年に紹介されたからです。
2006年には、「いきなり黄金伝説」で全国の超人気デザートベスト100」で2位に選出され、ファンにも人気が沸騰しました。

パステルのなめらかプリン
酒悦 (福神漬・佃煮)
創業1675年(延宝3年)上野池之端で創業した株式会社 酒 悦の店です。
「酒が悦ぶほどうまいもの」の意として屋号をつけ、上野池の端に店を構えました。のり佃煮は江戸末期、福神漬は明治の初めに創製着手十数年かけて完成したものです。
福神漬は、カレーに添えられるものとして定番ですが、以前、本格印度カレーと称するカレーに福神漬がついてきて私もビックリしたことがあります。
何故カレーに福神漬が定番となったのかは、大正時代(明治35、6年説もあります)に日本郵船の欧州航路客船で、一等船客にカレーライスを供する際に添えられたのが最初であり、それが日本中に広まったとされています。
ちなみに、福神漬けの名称の由来は、原料が7種の野菜であることから七福神に因んで名付けられました。
名付けたのは当時の流行作家「梅亭金鵞」で不忍池に七福神の一つである弁天様があることから考えついたものだそうです。
酒悦と言えば、佃煮もお土産の定番商品です。

酒悦の福神漬・佃煮
銀座新之助貝新 (しぐれ蛤・佃煮)
銀座に本店がある銀座新之助貝新です。
貝新水谷家は、慶長年間より現在の三重県桑名市に住み、伊勢湾に注ぐ木曽三川の河口で獲れる質の良い蛤を煮てそれを業としていました。
当店は桑名にある「株式会社総本家新之助貝新」の東京支店として、昭和10年(1935年)に銀座の木挽町(現在の銀座5丁目)にて開店しました。
看板商品の「志ぐれ煮」とは、江戸時代から桑名で親しまれてきた蛤(はまぐり)の煮付けのことです。採れたての貝をひとつひとつむいて水でよく洗い、生姜の風味を効かせて茹で上げ、秘伝の「たまり醤油」を使って、さらに煮あげています。

銀座新之助貝新のしぐれ煮・やわらか煮
海老屋総本舗 (江戸佃煮)
明治2年創業の墨田区吾妻橋にある株式会社海老屋総本舗のお店です。
江戸前佃煮の老舗として知られています。
初代の川北三郎兵衛氏は伊勢の侍でしたが幕末の動乱期に武士を廃業して江戸に出てきました。
千葉の印旛沼から採れるエビ、フナ、ワカサギ等を加工して売ることを覚えて、浅草・観音堂を目前に見る大川橋(現在の吾妻橋)のたもとに新居を構えたのが明治2年(1869年)でした。これが海老屋總本舗のはじまりでした。
創業当時の主力商品「海老の鬼がら焼き」「鮒すずめ焼き」は、それまで佃煮と言えばただ醤油で煮るだけのものでしたのをタレをつけて焼き上げたのが珍しがられ、海老や小鮒を焼き鳥の様に串に刺した姿も界隈で好評を博しました。
屋号は主力製品が『海老の鬼がら焼き』であったので『海老屋』としました。
看板商品は、袋物シリーズですが、中でも若煮たらこは、料理番組でも有名な岸朝子さん選出の著書『東京 五つ星の手みやげ』にも、「たらこの食感と味わいが炊き立てご飯によく合う」と紹介されている有名な逸品です。

浅草今半 (すき焼き)
東京駅には、エキナカ グランスタにも惣菜店があります。
すき焼きの今半には、浅草今半と人形町今半など都内には5店舗あると言われています。
いずれも今半で働いていた方が独立したものです。
その内、浅草新仲見世通りにある今半本店は、あの加山雄三氏の若大将シリーズの若大将の実家のすき焼き屋「田の久」のモデルとなった店です。
グランスタに出店している浅草今半は、牛佃煮では、日本一のシェアを持っています。

浅草今半のすき焼・牛肉佃煮
銘菓処おもたせや (お土産)
東海キヨスク株式会社のお土産店です。
おもたせやのおすすめのお土産は次の通りです。
とうふ&黒胡麻のプリン、麻布十番モンタボーの麻布十番ラスク、Quatreのうふプリン、銀座コロンバンのワッフル、プチフロマージュ、榮大樓飴、花林糖、たぬき煎餅、ちとせの隅田三彩、おとぼけ豆・梅落花・塩豆
特に、麻布十番モンタボーの麻布十番ラスクは、北海道産の砂糖を使用した「北海道シュガー」、香り豊かな「リッチガーリック」、やさしい味わいの「メープル」、きなこと黒ごまが香ばしく香る「黒胡麻きなこ」などがあり、人気商品です。

榮太樓總本舗の日本橋まんじゅう
ペルショワール (スイーツ)
とまり木をコンセプトにしたキッチン&カフェです。
公式ホームページらしきものはあるのですが、本店や経営母体の情報がありません。
安心素材のお食事やスイーツ、カフェ、アルコールを揃えて待っているそうですが、お店のアイデンティティーをお客に提供することが最も安心素材になると思いますが。
もっともおすすめな商品は、ホームページによるとシューラスクです。
プチ・シュー皮をそのまま丁寧に二度焼きして、サクサクした食感と香ばしさを引き出したものだそうです。
また、焼きドーナツもあります。
PERCHOIR
鎌倉甘露泉 (スイーツ)
創業1996年の神奈川県鎌倉市にある株式会社 ティージーティーのテイクアウト店です。
甘露泉は、日本の素材と洋菓子のおいしさをマッチングさせて提供する創作スイーツカフェです。
東京一番街店は、鎌倉生まれの美味しい「鎌倉しゅーろーる」をメインにしており、それ以外にも素材にこだわった優しい味のスイーツを提供しています。
鎌倉しゅーろーるとは、生クリームのほんのりとした甘さとシュー皮の塩味がマッチしたシンプルなロールケーキです
KAMAKURA KANROSEN
入船堂本店 (米菓)
明治38年の創業で、銀座にある株式会社入船堂本店の出店です。
お米を原料とする米菓一筋のお店です。
看板商品は、小判型の堅焼き煎餅「千両」で、元祖江戸煎餅と称しています。
また、「京橋」は、小ぶりな煎餅を6種類の味付け(海苔、おぼろ昆布、醤油、胡麻、海老、ざらめ)で薄く、軽く焼き上げてあります。
また、銚子電気鉄道「ぬれ煎餅」は、電鉄会社が作った事で評判になった本場の「ぬれ煎餅」で、銚子特産の本醤油を浸みこませたしっとり、柔らかい食感が人気です。
入船堂本店 ~米菓ひとすじ、銀座老舗の味~
三原堂本店 (和菓子)
明治18年創業の日本橋人形町にある株式会社 三原堂本店のお店です。
なかなか情報が少ないのですが、水と安産のお宮として有名な水天宮様にちなみ命名された御守最中、あっさりとしたつぶ餡の甘さと、やわらかくしっとりとした皮の比率が丁度半々のどらやきなどがあります。
また、厳選されたうるち米を独特の製法によりつぶつぶ感を残し薄くのばした生地をじっくりと焼き上げられている塩せんべい、草加せんべいなどもお土産として好評のようです。
三原堂本店 人形町本店
スポンサードリンク

このページの先頭へ