スポンサードリンク


東京大丸のカフェ・喫茶 10階~3階

店名 Images お店の概要
茶寮 都路里
(甘味処)
茶寮都路里(つじり)の創業は1978年(昭和53年)。
若い世代の方々にお茶の正しい淹れ方と飲み方を体験し、お茶本来の美味しさを実感していただけたら・・・との想いから祇園辻利内に「お茶飲み道場」を設けたことに始まります。
京都・祇園のはんなりとした空気を感じられる憩いの場に、丹精込めた宇治茶の多彩な味わいを、飲むだけでなく、食べるためのメニューが、たくさんあります。
グルメにこだわる方は、特選茶々パフェと古都パフェなどはいかがでしょか。
また、この東京駅店の接客については好意的な意見が多いようです。
イノダコーヒー
(コーヒー専門店)
京都で創業1940年、会社設立1958年という歴史のある会社です
コーヒーファンに限らず京都で最も有名な喫茶店でしょう。
当店のコーヒーは、プロバット社製のロースターで焙煎されており、オリジナルコーヒーを提供しています。
また、スイーツはドイツ菓子を原点としており、KETELブランドの名称で好評です。
定番のブランチセットもありますが、京都の本店と比べて、当店は高級喫茶店の趣があります。
当然、価格も少し高めです。
カフェ 英國屋
(喫茶)
大阪市中央区難波にある三和実業と言う会社の喫茶店です。
昭和36年創業の喫茶専門チェーン店の経営をしている会社です。
同社の全店舗は、人の流れの要であるターミナルに立地。すべてを直営にすることで、最高の味とサービスを提供しているそうです。
英國屋では、コーヒー豆本来の旨みを最大限に引き出すため、遠赤効果のある石焼き釜でじっくり焙煎。季節に応じた温度設定や、豆に合わせた煎り方など、きめ細かな職人の技が効いており、コーヒー通も納得です。
東京大丸店は、紳士服売り場のフロアーにありますので、それほど混雑していません。
英國屋という名前の通り、ランチ用にはサンドイッチ&スコーンと言うものもあもありますよ。
ZEN采蝶軒
(香港スイーツ)
6階
大阪市中央区西心斎橋にある株式会社 J.フロントフーズのブランドです。
同社は、うどん・そば、とんかつ、洋食・喫茶、和食・総合と非常に幅広い店舗を展開しています。
「ZEN采蝶軒」は1980年代にロンドンで誕生しました。
世界各国に総計20店以上の店舗を展開しています。
日本初出店となる「香港スイーツ ZEN采蝶軒」は、モダンでシックな風格を継承し本物がわかる大人にむけた店づくりだそうです。
て中華粥と点心のセットなどもあり、香港ファンにとっては必見の場所でしょう。
以前は、婦人下着売り場でしたが、現在は紳士服売り場になりましたので、男性も行きやすくなっています。
ブルディガラ・カフェ
(カフェ)
5階
港区芝にある株式会社トリコロールのお店です。
ブルディガラ・カフェは、少し遅く起きた土曜の朝のブランチ、午後のくつろいだひと時に口にするエスプレッソ、友人と軽めのディナーや軽めの一杯などが楽しめるカフェです。
オシャレですね~。
クリスティアン・オレンジ 2010年ジャパンケーキショーパティシエコンクールで入賞したグルメ感たっぷりのケーキやタルト類も揃っています。
窓際の席だと、東京駅の八重洲側を見渡せますので、気分もよくなります。
窓際族以外は。
ル サロン カフェ フロ
(タルト&ケーキ)
4階
東京都武蔵野市にある株式会社フロジャポンのお店です。
23区内外を始め関東一円に多くのデパ地下店舗を展開をしていますので、ご存知の方も多いと思います。
本場フランスのスイーツとデリが得意なようです。
当店は、同グループのサロンカフェの第1号店です。
落ち着いた雰囲気のカフェとして定評があります。
サロン ド カフェ ポワシェ
(喫茶)
3階
本店は、フランスにあります。
公式ホームページは、フランスのもので日本語はネット翻訳で見ると言うあまり見ることのないスタイルです。
日本で商売をする気があるのかないのか分からない姿勢ですね。
パリ16区にある老舗ショコラティエ&サロン・ド・テのカフェだそうです。
また、マロングラッセの発祥のお店でもある、フランスの老舗ショコラトリーの日本初出店でもあります。
10階の茶寮 都路里は、いつも満員の時が多いのですが、そんな時には、ここは比較的空いていますので穴場だと思います。
比較的高めなのですが、落ち着いた雰囲気でゆっくりとティータイムを楽しむには良いと思います。
スポンサードリンク

このページの先頭へ